ホームページで稼ぐ!
ホームページで稼ぐ!

ホームページで稼ぐとひと言でいっても、色んなやり方があります。
アフィリエイトやドロップシッピング、楽天などのネットショップや独自サイトによるネットショップ、或いはホームページを作成するウェブクリエーターなどもその一つです。

ここでは、独自ネットショップの例を挙げ、どんなスタイルでやれば効率が良いのかを私なりに提案したいと思います。

基本的にはコストをいかに抑え、或いはかけないでやれる方法を最優先に模索していきます。
カテゴリ
 財テク編
生活していく上で、老後のことや、養育費など、どうしても避けて通れないのが財テクです。
 心と身体編
より良い人生を歩む上で、健康が第一です。健康に良い情報を提供して参ります。
 教養編
実り多い人生をおくる為、教養も高めたいところです。参考になりそうな情報を集めてみました。
 日常生活編
知らずにいれると、無駄なことも沢山あります。そんな無駄を極力省く為の情報です。
 趣味編
人生に於いて、有意義に過ごす為の材料となるのが、趣味です。実益も兼ねた趣味にスポットを当ててみました。
日経BPの雑誌定期購読キャンペーン!
「日経コンピュータ」購読10%OFF!
例えば、農業を営んでいる方が、直接消費者に新鮮な野菜などの農作物を届ける方法として一番効率が良い方法は、生産者自身が独自のホームページを持ち、そのホームページに訪れた消費者と直接定期的な契約を交わす方法が良いと考えられます。

と言いますのも、一般的な流通形態では中間搾取があまりにも多くて、一番苦労している筈の生産者の実入りが一番少ないといった矛盾した流通構造が今尚解消されていないのが現状です。
ましてや昨今の社会情勢を鑑みますと、TPPの参加表明にともない益々生産者(農業者)に対する軽視が高まっていると言わざるを得ません。

そこで注目されるのが、作物の品質向上やオリジナリティの強化にともなう差別化は勿論、『生産者による直接販売』が今後の日本の農業を支えていく上で非常に重要な要素と考えられます。
旬の、安全でしかも美味しい野菜を提供できれば、消費者のみならず、生産者にとっても非常に有意義で有難い事です。

そこで、前述した直接販売の1つの例をご紹介します。

<例えば1回につき3.000円分の新鮮野菜を提供する場合>


1ヶ月=週2回x4週=3.000円x2x4=24.000円(1世帯当たり)

1世帯当たり24.000円の契約を10世帯と契約出来れば1ヶ月当たり
24万円の売上となります。
運賃は宅配会社数社に見積もりをもらい、定期的契約として運賃の交渉に臨めばある程度安くなる可能性があります。


ホームページとひとことで言っても色々あります。
独自ドメインを持つ独立したサイト、或いは一般的なブログなど、最近ではSNS(Face bookやTwitter)などが知られています。
勿論ブログやFace bookを販売目的のメインサイトとして、構築するケースが最近では増えてきているようです。
しかしながら、やはり何と言っても基本は独自ドメインを有した独立したホームページを持った上で、ブログやSNS等から、ホームページに呼び寄せる方法がベストであると考えられます。

ここでは、前述したように、その中でも一番オーソドックスな方法を紹介します。
そのスタイルとは、先ず柱となる独自ホームページ(以降独自HP)を開設し、そこにリンクを貼ったブログやTwitterなど、日常の日記や収穫風景などの作業の様子を公開し、最終的には、前述したように柱となる独自HPに誘導し、見てもらい買ってもらうといった方法が一番有効的だと考えられます。


独自ホームページを開設するにも色んな方法があります。
ここでのコンセプト「如何にお金をかけないでやるか」に従い、紹介していきます。

独自ホームページの開設は、ホームページ作成会社に依頼するのが一番手っ取り早く楽な方法ですが、如何せんコストがかかり過ぎます。
更には、手作り感を強調する上でも、プロが作るホームページよりも寧ろ親しみが感じられていいという人もいます。
勿論お金をかけないでやるには自分で作るのが一番です。

その中でも、簡単でしかも無料で作れる方法と言えば、無料のテンプレートを利用できるCMSによるホームページが一般的です。
しかし、この場合のデメリットの一つは、独自ドメインが使えないと言った点や、用意されたテンプレートのみの使用となり、独自性に欠けるHPしか出来ないといった点が挙げられます。(中には、サービス精神旺盛な提供会社もあり、HTMLやCSSを変更できる)
独自ドメインを使い、自分の好みのウェブデザインを作るにはメモ帳でタグを組んでやる方法もあるでしょうが、通常は市販のホームページ作成ソフト(Dreamweaverやホームページビルダー)を使用するのが一般的です。

ホームページビルダーはTableタグが多く使われる為に、SEO対策上あまり適さないといった点が挙げられますが、素人でも直ぐに作れるといった利点から一般的なソフトとして人気があります。
一方、Dreamweaverでのサイト作りは、タグの基本的知識がないとなかなか難しいソフトで、基本的にはdivタグやCSS(スタイルシート)での構成が基本となり、いわゆる玄人受けするサイトと言えるかもしれません。

後は、サイトを作るにあたり、文字だけのページはどうしても敬遠されがちです。
写真やイラスト、動画などを所々に配置する事をお勧めしますが、写真を加工するソフトで有名なのがAdobe社のPhotoshopやIllustratorが有名です。
或いは、それらのある程度の機能を有しているウェブアートデザイナーがホームページビルダーとセットになっています。
前者のPhotoshopやIllustratorは値段も高い分色んな機能が付いていますが、ウェブアートデザイナーの使い方をある程度理解できれば、応用次第によっては色んなデザインが可能となります。

どのソフトを使うかは、皆さん次第、お好みに応じて是非サイト構築にチャレンジしてみて下さい。
ホームページを公開するためには、データを保存するサーバーや、買い物かごなどのショッピングカートが必要になりますが、無料或いは低価格で利用できるASP(Application Service Provider)を紹介します。
FC2WEB無料ホームページ 5GBで月額250円〜!
FC2レンタルサーバーLite!
おすすめ無料のレンタルショッピングカート FC2カウンター
関連サイト
新規事業や事業多角化をお考えの方へ。簡単!無料資料請求!『FC見聞録』で情報収集を。
◆当サイトの内容や情報に付いては、私個人の所見や判断で作成されたものでありまし。従いまして、これらの情報を利用する場合は各人の判断、各人の責任に於いてご利用下さい。いかなるトラブルや損害の発生に対しては、当サイトは一切の責任を負いませんのでご了承願います。
また、当サイトの内容や構成、デザインなどに付きましては転載やコピーを禁止しておりますので、ご了承願います。
Copyright:(C) 2010 seikatunotie All Rights Reserved.
inserted by FC2 system